HOME
癒しの写真館
奄美で遊ぶ
奄美の歴史
島唄
リンク

アマミノクロウサギとは

→English   

 アマミノクロウサギは、世界でも奄美大島と徳之島(いずれも鹿児島県)だけに生息する固有種で、原始的な形態を残したウサギ。絶滅危惧IB類 (EN)。国の特別天然記念物。
 森林に生息し、夜行性である。主に草や木の実を食べる。耳が短く、手足も短い。子育て用の巣穴を作り、母ウサギは授乳の度に巣穴に通う。巣穴の入り口は外敵から守るため、その都度母ウサギが塞ぐ。

■Wikipedia アマミノクロウサギ






















copyright (c)yamakyukikaku All right reserved.